同窓生〜人は、三度、恋をする〜の再放送・再配信を無料で視聴する方法【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

こちらの記事では、

  • 同窓生〜人は、三度、恋をする〜が見れる動画配信サービス
  • 同窓生〜人は、三度、恋をする〜の再放送予定
  • 同窓生〜人は、三度、恋をする〜を無料視聴する方法

をまとめています。

目次

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」再放送の予定は?

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の2022年の再放送予定について調べてみましたが、再放送予定はありませんでした。もう一度「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」がみたい方はレンタルか動画配信サービスで視聴するのがおすすめです。

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」無料期間で見れる動画配信サービス

こちらでは、各配信サービスでの「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の配信状況をまとめておりますのでご覧ください。

配信サービス名 配信状況 月額料金

976円(税込)

2189円(税込)

※毎月1200ポイント付与

1026円(税込)

1017円(税込)

960円(税込)

550円(税込)

1925円(税込)

618円(税込)

500円(税込)

990円(税込)

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」を無料で見る方法

ネット上では違法にアップロードされた無料で見られる動画もありますが、視聴するだけで法律で罰せられます。また、ウイルスに感染し端末からクレジット情報や住所などの個人情報を盗まれる危険性があります。見逃し配信サービスのTVerで無料で見ることができる作品もありますが、以下のデメリットがあります。

TVerで見るデメリット

  1. テレビ同様CMが流れるのでストレスになる
  2. 放送から1週間で視聴できなくなる
  3. 直近回のみで過去回は見ることができない
  4. ダウンロード機能がないので、オフライン視聴できない
  5. フジテレビの番組だとFODアプリが必要

完全無料である分このような複数のデメリットがあることは仕方ありません。上記のデメリットに抵抗がある場合は各動画配信サービスを使うことをオススメします。

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」Amazonプライム(アマプラ)は配信なし

アマプラでは「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の配信がありません。

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」Netflix(ネットフリックス)は配信なし

ネトフリでも「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の配信はありません。

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」Hulu(フールー)は配信なし

Huluでも「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の配信がありません。

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」概要

あらすじ 大手企業を辞め独り身となった柳健太(井浦新)は、実家のクリーニング店を継いではいるものの、人生の崖っぷちに追いつめられていた。そんな健太の元に中学の同窓会の知らせが届く。健太が思い出すのは、当時少しだけ付き合った鎌倉あけひ(稲森いずみ)のことだ。あけひは3人の子を持ち一見幸せそうだが、夫との夫婦関係は崩壊していた。同窓会で25年ぶりに再会した2人は、さまざまなしがらみを乗り越え、惹かれあっていく。一方、中学時代にクラス一の美少女で秀才だった広野薫子(板谷由夏)は、一度の失恋で男性不信になり、外見も構わない独り身の薬剤師になっていた。だが、薫子はプレイボーイの桜井遼介(松岡昌宏)からまっすぐに愛を語られ、妻子ある遼介と恋に落ちる。
放送局 TBSテレビ
放送年 2014年~
キャスト 井浦新、 稲森いずみ、 板谷由夏、松岡昌宏、 市毛良枝、鶴田忍、岡本麗、茅島成美、川俣しのぶ、松本利夫、丸山敦史、清水由紀、猪塚健太、尾藤亜衣、蛯原友里、横山幸汰
主題歌 メレンゲ『楽園』
公式サイト https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000416.000003065.html

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」感想

「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」まとめ

以上「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の動画配信サービス・再放送などについて説明しました。残念ながら2022年「同窓生〜人は、三度、恋をする〜」の再放送予定はありませんでした。動画配信サービスを利用して無料期間の間に見てしまうのがいいでしょう。継続的に今後もチェックしたい方は動画配信サービスの有料会員になって広告なく快適に視聴し、他の番組にも手を出していくのがおすすめです!(コンテンツ沼にハマらないように注意してくださいね…。)今後も追加情報などありましたら随時更新していく予定なので、VOD列島を要チェックです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる