月曜から夜ふかし見逃し動画と無料再放送・再配信はこちら【ネットフリックス・アマゾンプライム・TVerで見れる?】

こちらの記事では、

  • 月曜から夜ふかしが見れる動画配信サービス
  • 月曜から夜ふかしの再放送予定
  • 月曜から夜ふかしを無料視聴する方法

をまとめています。

目次

「月曜から夜ふかし」再放送の予定は?

「月曜から夜ふかし」の2022年の再放送予定について調べてみましたが、

再放送予定はありませんでした。

もう一度「月曜から夜ふかし」がみたい方はレンタルか動画配信サービスで視聴するのがおすすめです。

「月曜から夜ふかし」無料期間で見れる動画配信サービス

配信サービス名 配信状況 月額料金

1026円(税込)

2189円(税込)

※毎月1200ポイント付与

976円(税込)

1017円(税込)

960円(税込)

550円(税込)

1925円(税込)

618円(税込)

500円(税込)

990円(税込)

Huluの特徴

Huluのおすすめポイントは以下です。
おすすめポイント
  1. 人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
  2. マルチデバイス対応でいつでも・どこでも、視聴できる!
  3. Huluでしか観られないオリジナル作品を多数配信!
  4. スポーツ中継、ニュース、音楽ライブ、最新のドラマなど旬のコンテンツがライブで楽しめる!
  5. まるで映画館!驚きの高画質!インターネット接続環境に合わせて配信画質を調整
アメリカ合衆国の定額制動画配信サービスであるHulu。国内では日本テレビ傘下で事業が行われており、日テレ系列の番組に強いです。 では続いてHuluの詳細情報を見ていきます。
Huluの詳細情報
月額 1,026円(税込)
見放題作品数 70,000本以上
無料期間 初回2週間無料
ポイント なし
ビデオ以外の特典 音楽ライブ、スポーツ中継、ニュース、見逃し配信

>>無料期間中の解約もOKなのでまずは登録!<<

「月曜から夜ふかし」を無料で見る方法

ネット上では違法にアップロードされた無料で見られる動画もありますが、視聴するだけで法律で罰せられます。

また、ウイルスに感染し端末からクレジット情報や住所などの個人情報を盗まれる危険性があります。

見逃し配信サービスのTVerで無料で見ることができる作品もありますが、以下のデメリットがあります。

TVerで見るデメリット

  1. テレビ同様CMが流れるのでストレスになる
  2. 放送から1週間で視聴できなくなる
  3. 直近回のみで過去回は見ることができない
  4. ダウンロード機能がないので、オフライン視聴できない
  5. フジテレビの番組だとFODアプリが必要

完全無料である分このような複数のデメリットがあることは仕方ありません。

上記のデメリットに抵抗がある場合は各動画配信サービスを使うことをオススメします。

「月曜から夜ふかし」Amazonプライム(アマプラ)は配信なし

アマプラでは「月曜から夜ふかし」の配信がありません。

「月曜から夜ふかし」Netflix(ネットフリックス)は配信なし

ネトフリでも「月曜から夜ふかし」の配信はありません。

「月曜から夜ふかし」Hulu(フールー)は配信あり

Huluでも「月曜から夜ふかし」の配信があります。

ただ見れない回がいくつか存在し、全話を視聴することができないことがあります。その場合、レンタルするか地上波での再放送を待つしかありませんね。

「月曜から夜ふかし」概要

あらすじ 世間で話題となっているさまざまな件に対して、ちょっとだけ首を突っ込んだり突っ込まなかったりする番組
放送局 日本テレビ
放送年 2012年〜
キャスト 村上信五、マツコ・デラックス
主題歌 エンニオ・モリコーネ(Ennio Morricone)『スラローム(Slalom)』
公式サイト https://www.ntv.co.jp/yofukashi/

「月曜から夜ふかし」感想

「月曜から夜ふかし」まとめ

以上「月曜から夜ふかし」の動画配信サービス・再放送などについて説明しました。

残念ながら2022年「月曜から夜ふかし」の再放送予定はありませんでした。

動画配信サービスを利用して無料期間の間に見てしまうのがいいでしょう。

継続的に今後もチェックしたい方は動画配信サービスの有料会員になって広告なく快適に視聴し、他の番組にも手を出していくのがおすすめです!

(コンテンツ沼にハマらないように注意してくださいね…。)

今後も追加情報などありましたら随時更新していく予定なので、VOD列島を要チェックです!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる